ショウガ湯は飲まないで


治療を受けていても体温があがらないからといって、ショウガを食べたりショウガ湯を飲んだりしてあげようとするおろかな人がいますが、絶対おやめください。
通常の温熱療法ももちろん忌避していただきたいわけですが、それよりもっとひどく異様に身体があたたまり、ガンをよろこばせます。
トウガラシやピリ辛のつよいコショウなどほかの香辛料も同じです。

これらを摂取すると不自然に血行があがり、ガンは怒張し腫れます。出血していたガンはいよいよたくさん出血し、痛みの出ていたガンはますますはげしく痛みます。しかもその効力は何日にもおよび、なかなか落ちません。

出血していた大腸ガンなどは、ただれがひどくなって手におえなくなっていきます。
すい臓ガンの方、うっかりご家族にすすめられたショウガ紅茶を1杯飲んだだけで、いったんおさまっていた痛みがぶり返し、何日も引きませんでした。

施術する側からすると、これはよけいなことです。
よけいなことをして自分の身体によけいな負荷をかけると、ガンが元気になるばかりでなく、よけいな手ごたえを発して施術のさまたげにもなります。
治ってから、あるいは当院施術をリタイアしてから飲んでください。

体温があがらないのはあなたの身体にまだ抗ガン剤(分子標的薬をふくむ)が残っていて免疫があがってこない、あるいは対ガン免疫が作動していないなどの理由によるのであって、いずれほんとうの免疫が確保できるようになれば自然にあがりますから、そのときをお待ちください。

ネットを走る付和雷同型の無責任なデマ記事にだまされてはいけません。ガンのひとが食材、機材をもちいて人為的、意図的に体温をあげようとするのは自滅行為です




≪ その他の注意事項 ≫

施術を受けられないケース

温熱療法は危険

放射線について

陽子線・重粒子線

他治療の併用について

抗ガン剤の併用について
併用していただく場合
おすすめは分子標的薬の併用

気功はやらないで

鍼との併行治療について

当院の苦手なガンの種類

当院治療の難点

ご注意・骨転移の方


HOME