抗ガン剤の併用について


抗ガン剤との併用では、両方効かなくなるケースが多く、損です
分子標的薬は別として、アルキル化系を筆頭とする、通常の抗ガン剤はつきあいづらいです。
やるなとは申しませんが、抗ガン剤を併用しての施術はマイナス面が多いことは多いです。とくに長期連用したあとでは効き目薄いです。

大いに有効な場合もあります
ただ、抗ガン剤を投入しはじめるとき同時スタートして、あるいは先に施術を受けはじめておきながら、併行して受けていくと、思いきり効く場合がけっこうあります。施術だけでやったのではなかなか消しきれないようなガン塊をジュワッと消してくれるのでたすかります。
抗ガン剤がその人のガンの種類にピタリとあっていることが必要条件ですが、その場合めざましい急速な治癒に至ります。
そうなったときには、その勢いにしたがって短期間のうちにガンを消去してしまうことが肝要なので、たたみかけるように施術を受けるのがいい手です。のんびりやっていると、薬はすぐに効かなくなり、ガンは再び増大しますから。

分子標的薬については、とくに施術との相性がいいようです。ただ、これもまた薬が効いているうちにできるだけはやくガン塊を消し去ることが肝要。


いっぽう、そうではなく
連用の果てに施術を受けはじめた場合には
抗ガン剤で身体の中が汚れているので、当院の施術は最初からたいへんやりにくいいものになります。
当院施術と抗ガン剤、それぞれの効果を相殺して、両方とも効かなくなってしまうことがよくあります。

抗ガン剤を使って治療する側からしても、施術だなんてよけいなことするから抗ガン剤が効かなくなっちゃうんだと言いたくもなるでしょう。せっかく抗ガン剤でおさえていたマーカーが、ハネ上がったりするわけですから。
それもそのはずで、当院施術は身体を常に健常な方向へもっていこうとしますから、抗ガン剤=毒を流し去ろうとします。それまでガンを抑えていたその毒を流していけば、当然ガンは羽をのばします。

わたしの側からしても、こうした併行治療はたいへんやっかいで、せっかく体調よくなってきたかなと思ってると、定期的に抗ガン剤を入れられるので、その度に食欲がなくなったり、目の下にクマをつくって来られるので、またそれからたてなおしていくというくり返しになります。

初診の方で、「もう病院の治療で完治したはずなのに、転移再発しちゃいました、もうああいう治療は受けたくないから」と、帽子などかぶって来られますと、まずは身体の中を浄化しなきゃと、そこへ気がいってしまいます。
しばらくは施術の効果を喰われるなという思いが、まず頭をよぎってしまうのです。
そして、またマーカーが上がったといって大騒ぎするんだろうなと・・

もっとも、再発して間もないうちならガンの手ごたえも小さくて、患部自体への施術はさしたることもなくまだいいのですが、大きくなってからですと、手を分けることになってうんざりするほど手こずります。

だいたい免疫が弱ったからガンになっているのに、抗ガン剤はさらに免疫力を低下させますから、身体自体の力でガンを治すことはできなくなります。

くり返しになりますが、抗ガン剤治療というのは、毒でガンを殺そうとしてるわけですから、その毒にたいする耐性ができてガンがバージョンアップすると効かなくなりますし、あるいは最初から効かない種類の毒であれば、なんの役にもたたず、ただ過重な毒消し作業だけが残るという結果になります。
むろん、そういう状態で来られれば毒流しくらいやりますが、そういう乱暴な仕事の後始末にばかり追われてるようじゃ、かんじんのガンのほうがかんたんに治っていきません。複数の患部がある場合は、むしろ、手がまわりきらない患部の症状は悪化しているはずです。

抗ガン剤は独断でかってにやめないでください
いっぽう、いったん抗ガン剤をやりつけてしまった場合、その抗ガン剤をやめて施術のみの治療を選ぶにしても、それはそれでイバラの道です。
抗ガン剤をやめてすぐは、傷ついた兵隊(抗ガン剤に痛めつけられた免疫)をかき集めてそれだけで新たな戦争をはじめるようなもので、最初は劣勢を覚悟しなければならないのです。

したがって、抗ガン剤をやめる場合はいきなりかってにやめてしまわないでください。自滅行為になってしまうことがよくあります。まずご相談ください。
効かなくなったように思えても、それなりに、思いきり羽をのばそうとするガンにタガをはめているはずですから。

何年も抗ガン剤を連用し、ほとんど抗ガン剤漬けになってしまっている方は
よけいそうです。
手ごたえ(というより生体反応)が非常に希薄であり、抗ガン剤も効いているという感覚がほとんどつたわってこず、また免疫自体も脆弱で、ただ抗ガン剤とガンとのたたかいをいたずらに傍観しているだけのように感じます。
これではいつになったら免疫を再建できるのかさっぱりわかりません。

抗ガン剤を併用していただく場合
抗ガン剤がそれなりの効果をあげているときに施術をはじめる場合、しばらく併用していただくようになります。

またやむをえず、最近では新たな戦術として、シスプラチン、ジェムザールのように月に1回点滴するだけというような場合、点滴後当分はその効果に期待して放置し、次の点滴時期が近くなったときに施術をたたみかけて、いっきに免疫を回復させるというやり方をとる場合もあります。

この場合、直前の検査で白血球数などが低下しすぎて、通常は新たな点滴を中止せざるを得なくなるようなケースでも、しっかり回復させ得るので、予定どおり注入できるようになるという、はっきりした補完関係が成り立つわけです。

むしろそうした一時的な免疫回復を意図して併用をおすすめすることもふえました。旧知のお医者さんからは、そのように頼まれることさえあります。
こうした場合も期間限定が望ましいです。
むろんこの方法によって治るか否かは、抗ガン剤のよしあしにゆだねられることになります。

なんどもいいますが、抗ガン剤を併用する場合、あるいは逆に中止する場合は、いきなりそうしないで事前にこちらによくご相談ください。
そのあとの治療をどうすすめていくか、熟慮が必要です。

最近のおすすめは分子標的薬の併用です。


ホルモン剤の併用
また乳ガンによく用いられるホルモン剤も、それ自体施術の障害にはならないように感じます。生理を強引に止めたりするわけで、あまり身体にいいようには思えませんけど・・
注意すべきは、当院施術が患者さんの身体を健常な状態にもどそうとはたらくので、予定に反して生理がいつまでも継続してしまうといったことが起きる場合があることです。
お医者さんとしては、すでに生理は最初の薬でとまったものと思い、その後は生理終了者用のホルモン剤を処方するわけですが、患者さんは深く考えずにただあたえられる薬を飲むだけですから、お医者さんのほうがそれに気づいた時点で、あわてて終了前の人用のに切り換えるといった、ややこしいことになります。
こうしたことが実際にありましたので、いちおう頭においといてください。

また、前立腺ガンの方でホルモン剤で抑えていたマーカーが、施術を併行して受けたところあがってしまった方も出ており、これは上記乳ガンの方の場合とおなじように身体を自然な姿にもどそうとする術力がはたらくため、封じこめていた男性ホルモンが再び開放されるようになったのではないかと思われます。
お医者の見解では長期連用したため効かなくなったとのことですが、施術によってその時期がはやめられたかもしれません。

いずれにせよ、ホルモン剤との併行施術が必ずしもいい結果ばかり得られているわけではありません。
ホルモン分泌器官を避けて施術することが必要で、不十分な感じがしてしょうがありません。


参考ブログ
医師は抗がん剤の限界を熟知している。知らないのは患者だけ

がん医療のタブー…効かない抗がん剤、寿命を縮める手術が横行するカラクリ

抗がん剤は延命治療!?





≪ その他の注意事項 ≫

施術を受けられないケース

温熱療法は危険

ショウガ湯は飲まないで
香辛料は×


放射線について

陽子線・重粒子線

他治療の併用について

気功はやらないで

鍼との併行治療について

当院の苦手なガンの種類

当院治療の難点

ご注意・骨転移の方

ガン治しの基本

ガンの治癒反応について

腫瘍マーカーについて

ガン施療 Q&A

HOME