肺ガンを治す
肺ガンは得意といってもいいかもしれないものではありますが、あまりに大きなかたまりができてしまい肺からはみ出すほどになりますと、痛みがひどく施術が困難です。手で触れただけでのたうちまわるほど痛がりますから。
胸水がたくさん出て痛がる場合も同じ。施術できません。

そうなる前ならたとえ末期といわれようとまだ治癒方向にむかう可能性が大きいので、おはやく受診してください。


最近の傾向(2016年末)

最近はジオトリフ、タルセバなど、分子標的薬を併用して施術を受ける方が多くなりました。
抗ガン剤の一種ではありますが、多少施術間隔をあけても、その時点その時点での現状維持をしっかりやっててくれるので、ぶり返しがとても少なくてすみ、施術効果の上に施術効果を足し算で積み上げていくことができて、たいへん治りがはやいです。

                 → 分子標的薬の併用


治癒熱

肺ガンが治っていくと、最後の段階で、施術中に肺全体がカーッと熱くなる人がよくいらっしゃいます。
弱くなったガンの力にたいして、これならやっつけられるとばかり、身体がカサにかかって攻めたてているように、私には思えます。
肺ガンだけではなくて、他のガンでも起きますが、なぜか肺ガンに多い現象です。
治りかけると出るので、わたしはこういう施術中に出る熱のことを「治癒熱」と呼んでいます。

通常、施術していくと早期に体温が1~2度上がりますが( → 治癒反応)、これとは別です。

患者さんはもちろん大汗をかいたり、上気した顔で「なんだか熱いです・・」と、びっくり目になってますが、わたしだって患者さんの熱っけがつたわってきて、あかい顔をして汗かいてます。
こういう現象が起きたあとは、肺のあちこちに残っていた小さな手ごたえはきれいになくなっており、
「やりましたね。これで治ったんじゃないですか・・?」
なかなか言えなかったそのひと言が、はっきり言えるようになるわけです。

この現象、マルトの方にもおきたことがあります。
また、肺ガンを手術して再発防止施術を受けている方にもよくおきます。
おもしろいのは、乳ガンの方でその胸の施術をしているとき、肺の治療をしたつもりはなかったんですが、肺が治癒熱を発したことがあります。すでに肺にこまかく転移していたのが施術によって燃えたのではないかと思います。

サイトのどこかに書いたかもしれませんが、肺は肝臓などにくらべ、物質的密度の低い臓器です。それゆえ、術が透りやすく、効きやすいのかもしれません。
なので、よけい完治の発熱が起きやすいのでしょう。

ただし、抗ガン剤(分子標的薬をふくめ)をやっている方、あるいはその影響が残っている方には、こうした現象はまちがっても起きませんから念のため・・
たとえCTでガンが見えないくらい小さくなっていても、免疫が脆弱なうちはムリ。

                     → 治癒熱



関連記事

ガンの治しかた

乳ガンを治す

子宮ガン、子宮頸ガン、卵巣ガンを治す

個々のガンへの対応、私からのメール

抗ガン剤との併用について

血液、リンパ液の浄化、整調

HOME