治癒熱

病が治りかけると施術中に出る熱のことを、わたしは「治癒熱」とよんでいます。それが出ると「あ、もう治った!」と、うれしくなります。
ふつうにわたしがいうところの「手ごたえ」はともなわない、たんなるそこら一帯の熱です。それも全身熱ではなく、部位単独の熱です。

肺ガンの場合にとても多いため、肺ガンのページにもそのことは書いてありますが、ほかの部位にもしばしば出ます。
たとえば肝臓ガン、大腸ガンなどをはじめ、ガン一般のほか腎臓の炎症にも出ましたし、すい臓にも出ました。

あと、よくあるのは子宮頸部の異形成でしょうか。これは施術を受けはじめて何度めかの、はやい時期に出ることが多いです。
これが出たあとはだいたいクラスでいえば2(軽度)くらいには退行していると思われるので、一段落という気持ちになりホッとします。

「治癒熱」とは、ガンを追いつめるうちに、患者さんの免疫があがってきて、よりつよくガンに立ちむかいはじめることでおきる歓迎すべき自己発熱です。

部分的におきるそうした「治癒熱」より先にすでにおきている、全身熱もまたとてもよいものです。それはからだが常時ガンとたたかっているしるしです。
施術開始以前にくらべて、平熱が1度や2度あがることもしばしばです。
「治癒熱」とは、そういう高くなった全身熱のうえに、さらに各部に上乗せされる熱なので、肺など大きな部位の治癒熱はとても熱く感じられ、しばしば患者さんもわたしも大汗をかきます。
気持ちのいい汗ではあります。


ご注意
このページには熱がガンを退治してくれるとは書いてありません。
身体が自発的にガンとたたかっているしるしであると書いてあるだけです。
けっしておまちがえのないように・・
ぜったいに、暖房器具やお風呂、カイロ、湯たんぽ、温熱治療器などでからだを、とりわけ患部を熱してはなりません。ガンを大きく育ててしまいます。

     → 温熱について 参照





HOME