速効、ガン以外の病症

治りきっていなくとも、著効あったことが確実なもの
  • 胃潰瘍

  • 十二指腸潰瘍

  • 肝機能障害

    とりあえずの症状は1回でも改善しますが、根治させたければ、重ねて受ければよろしいでしょう。
  • 腎炎

  • 良性卵巣嚢腫

  • 自立神経失調

  • 不眠

  • 集中力欠如(本が読めない)

  • 不妊症

  • 生理不順

  • 生理痛

  • 膀胱炎

    通常1回。冬など罹りやすいシーズンは月1回。
  • ひどい便秘

  • 片頭痛

  • 更年期障害による不定愁訴

  • 飛蚊症

  • 気管支拡張症

    1,2回の施術ではムリ。集中的になんどか受けてください。
  • 脾臓肥大(脾腫)

    とりあえずの苦しさは1回の施術でもとれますが、しぼりきっての根治には、週一でようすをみながら複数回は必要。腫れのていどによります。
  • 腎盂炎

  • 痛風

    とりあえずの痛みはとれます。
    ドカ食い、ドカ飲みせずにはいられないけど、痛みは常時とってほしいというワガママな方の場合、週2、3回の施術は必要。
  • 副鼻腔炎

  • 潰瘍性大腸炎

    1回じゃムリ。
  • 三叉神経痛

    1回施術後、1ヶ月ちかくたって、「10あった痛みが、2くらいになっていることに気づきました」とのメールをいただきました。
  • 膵炎+糖尿

    HbA1c が11くらいあった方、6.7までさがったそうです。もうインシュリンもいらなくなりそうとか。 お医者にはれいによって「おかしい、こんなはずはない」といわれ、再度検査のため血をしぼられたとのこと。でも、さすがにこれは速効とはいかず、月3回レベルで半年以上かかりました。

上記の他、名前も知らないさまざまな病気もよく治してますが、それらについてはいちいちしらべて書くのがめんどうなため割愛します。
また、いくつかの病気を複合的に発症している場合も同様。
たとえば、腫れた脾臓をもとのサイズにもどしてから不妊治療をおこない、それらと同時並行的に副鼻腔炎を治していくといったことは、日常的にやってますが、そこにもうひとつふたつよく知らない病気もオマケにくっついているというケースも多いです。
「いくつもわけのわからない病気がからんでるんですよ・・」
と申し訳なさそうにやってくる患者さんも多いですが、それはそれでむずかしいクイズでも解くように、ひとつひとつなおしてゆく楽しみを味わえるので、こちらこそ申し訳なくもありがたいことと思っております。

というわけで、難問をお待ちしてます。




HOME