子宮ガン、卵巣ガンを治す


子宮と卵巣は一体のもの、ひとつの臓器として、施術します。

子宮はちょうど骨に囲まれた、壷のようなところにすっぽりおさまった部位のため、施術のやりにくさはありますので、いささか回数、時日がかかるケースが多くなってます。
しかし、回数を重ねることで治っていきます。
また、最近多用するようになった新たな術法によって急速な改善をみることも多くなりました。

  → 最新の例(実例の2)

< ご注意 >
子宮体ガンや子宮頸ガンなどを治療する過程で、レバー様の血のかたまったものが下りることがあります。
ガンを治してるこちらとしては、ガン塊が壊れての出血ではないかと、すぐに思ってしまうのですが、実際は子宮の別の病気、子宮筋腫とか内膜症などのせいであることも多いようです。

ある方は、数回の施術後、大きなレバー様物とともにかなりの量出血し、貧血に陥りました。
すっかり血の気の失せた顔でいらっしゃいましたが、さすがにその日はダイレクトに子宮に施術するわけにはいかないと思い、全身にパワーを送る術をおこなっただけで帰っていただきました。そして、半月ほど施術を休んで回復を待ってもらい、その間に貧血の度合いと、できれば子宮の内部を、お医者で検査してもらうように申しました。
検査の結果、貧血は輸血が必要なほどではありませんでしたが、たくさんあった子宮筋腫はきれいさっぱりなくなっていたそうです。しかし、ガンのほうは縮小しただけで、なくなってはおらず、残念なことでした。

つまり、この方の場合、レバー様のものや出血は、子宮筋腫を処理する過程で出たものと考えられます。

また別の方の場合、子宮頸ガンが大きく成長して内部に張り出し、頸部をふさいでおり、その頸ガンを施術によって部分的に破砕、縮小させた結果、出口が開いて、中からずいぶんなものが出てくることになりました。
つまり、なんどか生理があったけれど経血はほとんど出ていなかったそうですが、それらが固まって大量のレバー様物となっていたらしく、まとめて出たようです。
また、その大量の経血を閉じこめていたため、それによる内膜症もひき起こしていたと思われ、その後も腹痛とレバー様の排泄物、出血などに悩まされました。
子宮筋腫についてはいつも軽くみていて、ほとんど聞くこともなくいきなりガンの治療にとりかかってしまうので、この方の場合も聞かなかったのですが、やはり筋腫もあったかもしれません。

これまでの傾向
ここしばらくは、子宮頸ガン8センチとか10センチなど、大きなものについては、いずれもとにかく出血を避けることを最優先にして、やってきました。
昔のような、ひねりつぶす、破壊するといった、正面きってガンにケンカを売るような施術では出血が多くなって危険なため、ひたすら出血を避け固縮せしめ、仮死状態にさせ、さらにはほんとうの死滅をねらっていくといった穏やかな術法を用いてきたわけです。したがってかなり長期戦になりました。

そうした気長な施術を1年くらい受けられた方からのメールを下記に(8センチあった方)記します。
「お陰様でこちらは変わらず元気に過ごしておりますのでご安心ください。
最近私の周りで病気になって悩んでいる方が何人かいて癌をどうやって治したのか色々聞かれるので村田先生のお話をさせて頂きました。ホームページを熟読して納得した上で受ける、受けないは決めるようにお伝えはしています。
もしそのような事で連絡がきましたらお忙しいところ大変申し訳ございませんが対応をよろしくお願いいたします。」

最近は新たな施術法で
このメールの方のように、そういう長期戦でもなおればうれしいものではありますが、手ばやくガンだけをダイレクトにとらえてダメージをあたえる 最新の術法 にきりかえてからは、なにより出血するケースが極端にへりました。
同時に、治癒までの道のりも大いに短縮できるようになったと思います。


異形成 〜 上皮内ガン
どういうやり方でもなおればいいわけなんでしょうが、しかしいずれにせよ、大きく育ててしまう前にできるだけはやく施術を受けはじめるのが正解です。
子宮頸ガンの場合、できれば異形成、あるいはせめて上皮内ガンていどのうちにはじめるほうがずっとラク。患者さんもラクですし、わたしのほうも思いきりパワーをかけられるので、とてもラクです。このレベルの症状では、大量出血はありえないので、最初からつよく攻められます。つまり、遠慮なくパワーをかけられるので、当然治りもはやいです。
ただ、最新の施術法では、あまり出血はしません

異形成や上皮内ガンが治っていく道すじとしては、いくらつよくパワーをかけても、出血も手ごたえもない状態になれば、もうそろそろ検査してもよさそう(つまりもう治ってるかも・・)というふうに考えているわけですが、わたしがおすすめしても、なかなか慎重な方が多く、しばらく施術を受け続けてから検査にゆく方や、いくら言っても行かないで、月一施術を受けていって次の年の定期健診でクラス1を確認するといった、のんびりした方もいらっしゃいます。

すっかりおさえきって手ごたえがなくなってしまうまでの期間がふつうのガンよりずっとみじかく、わりとすぐにそうなりますが、そこからは養生の期間です。これはガン粒たちがつぶれたあとの、傷つきただれた患部をいやす期間です。
このただれが残ってると、検査でクラス2(つまり軽度異形成)といわれてしまうみたいで、完治ではなくなります。それでみなさんフィニッシュは慎重になさるわけです。

完治するまでどのくらいかかるかといったことについては、人それぞれの免疫力しだい、生体活力しだいといった面もありますし、さらには上記のように検査で確認するのを意識的にうんとおそくしてしまう方もいらっしゃいますので、はっきりとはいえません。最短では2ヵ月半という方もいらっしゃいますが、のんびり1年くらいかけて確認した方もいらっしゃいます。通常は3、4ヶ月といったところでしょうか。
その期間の長短はあっても、治ることはほとんど間違いありません。このレベルの前ガン病態については、そう言いきることが可能です。
もちろん、とちゅうでやめてしまう方は別ですが。

ただ、中等度異形成の方で2回施術したところで来なくなりましたが、その後3ヶ月ほどして軽度にレベルダウンしていましたとのご連絡を受けたり、また、とちゅうでやめてしまった高度異形成の方から、その後検査したところ異形成はきれいさっぱりなくなって、クラス1になりましたとのご報告をいただいたことなどもあり、かならずしもとちゅうリタイアしても効果ゼロというわけではありません。

施術回数としては、異形成や上皮内ガンの場合も、施術開始当初は週一回受けてください。やはりふつうのガンとおなじようにぶり返しがありますので、あいだはあけないほうがよろしいです。出血したわけでもないのに、さいしょから2週3週とあけていたのではそのつどぶり返してもとにもどってしまいます。
ただ、週になんどもはむしろやらないほうがいいでしょう。施術の効果をゆきわたらせる時間をおくという意味で、週一回くらいやるのがちょうどいいように思います。


以上のことを頭においたうえで施術を受けてください。
なお、腹部の施術ですので、できればごわごわのGパンなどでなくやわらかめの衣類で受けてください。着替えスポットもありますので、ご持参いただいてもけっこうです。




顆粒膜細胞腫
卵巣にできる顆粒膜細胞腫は、手ごたえがまったくなく焦点があわない感じで、うまくいきませんでした。(1例)



関連記事

★ガン転移の実相、たとえば子宮ガンの場合

肝臓ガン、すい臓ガンを治す

肺ガンを治す

不妊症治療(黄体機能不全を治す)

HOME