ガンを寄せつけない食材・ほうれん草
いますぐ血がほしい人のための
《 ほうれん草ミルク 》
(これはガンじゃない人用です。ガンの方は牛乳は×)

◎ つくり方は非常にかんたんです。ゆでたほうれん草をいつも冷蔵庫に入れておき、ひとつかみミキサーに放りこんだら、牛乳を適宜注いで、10秒ほど回すだけ。

ほうれん草はたいへん有用な食材で、ほうれん草ミルクだけでなく、料理でミキサーを回すたびに混ぜ込んで、幅広く摂取していくといいでしょう。

◎ また、すでにガンを発症していて、牛乳からIGF-1を摂取したくない方は、牛乳のかわりの飲み物を入れてください。それじゃカルシウムはどうするんだという人は、魚粉でもひとつまみ入れるとかするといいかも。

◎ 味がイマイチという甘党の方はハチミツを加えてもいいでしょうし、ピリ辛党なら唐辛子を入れたっていいでしょう。お好きな味をつくってどうぞ。
おひたしばかりでは飽きるので、私もサラダほうれん草でこれをつくってしばしば飲みますが、栄養強化のため、これにきな粉をくわえてます。ザラザラしますけど、甘みが加わって、味は丸くなるような気がします。

◎ けっこう即効性あります。来週健康診断で、また貧血が出ちゃいそうなどという方は、今日からすぐはじめましょう。そして毎日ガブガブ飲め!

◎ 当院の治療でガン退治をはじめた方は、思いっきりほうれん草を摂ってください。
ガンが弱り、死滅しはじめると、固形ガンにつながっていた血管が受け皿を失って口が開いたようになり、一時的に出血するのです。重症のガンの場合は、太い血管がガンに直結しているので、よけい出血します。
むろん、身体は自己防御機能によって、その口はふさいでいくので、過度の心配はいりませんが、治癒反応進行中の方などは、その間だけでも飲んだほうが貧血を起こさずにすみ、身のためかもしれません。

「ガン血」を流したら、「健康血」に入れ替えましょう。

: ガンをお持ちで治療中の方には、肉とともに牛乳も摂取お控えあるようアドバイスしております。ほうれん草ミルクは、緊急に増血したいとき、あるいはガンでない方が健康増進を計る際にとても有効です。


関連記事

ガンに効く食材・りんご

個々のガンへの対応、私からのメール

抗ガン剤との併用について

HOME