乳ガンを治す


身体からとびだしている部位のため、乳ガンは本来なおしやすいほうになります。

最近の術力のレベル
については、新たな施術法による炎症性乳ガン施術例 をごらんください。通常医療をまったく受けつけず検査もろくに受けていない方ですが、このほうがなおしやすいことはなおしやすいです。
炎症性といいますと、従来はひどい痛みや出血をともなうためおことわりすることも多かったのですが、最新の施術法によって、この方は痛みも出血もごくわずかにとどまっており、ただ黄色いガン汁だけが出つづけていてそのぶんガン塊がへこんできているという状態です。

そういう重症でない場合、従来の施術法でも、1センチくらいのものがきっちり週1回で5回受けたあたりで消えたことがありました。
むしろ、腋下リンパのほうにてまどって、その後さらに4回かかりました。

ガンの悪性度もいろいろですので、治癒までのこうした経過はだれにもあてはまるものではありませんが、悪性度の低いものであって、はやいうちに開始すれば、この何倍も大きいものでもこのくらいでなおる方はしばしばいらっしゃいます。
たとえば、硬ガンは溶かすのがひどくむずかしく、それ以外のものはずっと対しやすいといったぐあいです。
個体差はあるでしょうが、パジェットなどはたやすいといえるかと思います。

時間をかけて育ててしまった場合は、芯の部分が残り、さらに芯奥へいけばいくほど固くなっていますので、なかなか溶けず、最後のちっぽけなものを消すのにやたらと回数がかかってしまいます。そういう意味でもやはりはやいうちがよろしいです。

つまり、なおるまでにどのくらいかかるかといったことは、大きさとはあまり関係がなく、悪性度およびガンを育ててきた年月の長さといったファクターに大きく左右されるだろうということです。


リンパ
多少腫れていても、乳房のガン本体が崩れ壊死していくと、壊死したガン塊は自家製のワクチンに なるため、自然に免疫が高まりますので、そうなればリンパ液が流れこみさえすればなおっていきます。
リンパ門が閉じている場合とか、手術で切除後リンパにだけ転移再発した場合とかはやっかいです。


施術後身体に出る反応について
以前はだいぶ強い反応が出た方がいらっしゃいましたが、最近は動けなくなるほど強くは出ません。上記の炎症性の方でも、ときどきズキズキする痛みはでるものの、だるい、眠いはほとんどありませんでした。通常の電車移動ていどでしたらまったく問題ありません。
ただ、骨転移していてまだたいした痛みがでていなかった人で、施術後ひどくなる場合があります。


ご注意 : 乳ガンは決してもまないでください。なんとかやわらかくもどそうとしてもむ人がいますが、無知でおろかな行為です。よけい大きく固くなっていってしまいます。


手術後の再発・転移防止施術
もちろん当院施術のみで治療という方は多く、そちらをえらんでいただいてもいいわけですが、あまり頻繁に通えないという方は手術を受けることも多いです。
とくに遠方の方で、くり返し頻数回かようことがむずかしい場合には、「手術→再発防止施術に全力」 のパターンがよろしいかもしれません。

   → ガンの再発防止

ただし、手術はガンを完全にシャットアウトするものではありません
そのことはお忘れなく。
周知のことでしょうが、術後適切に施術しておかないと再発、転移する可能性は高いです。とくに、目に見えるガン塊だけをきれいにとり除くといった先端的手術法では、その危険は非常に高く、手術後抗ガン剤で追い討ちをかけるという通常医療の考え方は当然です。

しかし、当院施術を受けてガンを壊死させ 自家製ワクチン を手にいれた場合は、メンテナンス&チェック施術のみでじゅうぶんとなります。


術後、他治療との併用
これについては、まったくおすすめはできませんが、不安な方はひとりひとり違う対応をしておられるようです。
いっぽう、手術以外はまったく受けつけずあとは当院施術のみという方ももちろん多く、このばあいはジャマするものもないため、免疫回復施術がたいへんスムーズです。施術回数をへらしてメンテナンス施術に移行していくのも予定どおりにすすめていけます。

抗ガン剤
へのめんどうな対応については 抗ガン剤との併用 ページにかいてあるので、ここにはかきません。

ホルモン剤
は、生理の終了を強制するような薬ですから、お若い方には向かないのではないかと思います。つらくて、しんぼうできなくなる可能性があります。年配の方の場合はわりと平気のようで、また、私の施術との相性もいいように感じるのでおすすめできるのですが、わたしの施術の術力はひとの身体を常に健常な方向へもっていこうとしますので、ホルモン剤の効果を帳消しにして、もとの状態にもどしてしまうといったことがおきる可能性があります。
そうしたことがおきないよう注意深くホルモン分泌器官に触れないよう施術しているわけですが、そううまくはハマらないで再発したケースも2件あります。


サプリ
高価なサプリをとっていらっしゃる方は多いですが、サプリなどはガンになる前にやっておくべきものであって、いったん固形ガンができてしまうと、サプリではなかなか思うように小さくなってはくれず、まったくたよりにはできません。両刃の剣みたいなサプリもあり、逆にひどくなってしまうことさえあります。
高価だから効くだろうとばかり何十万何百万というお金を、みなさん胃袋に流しこむわけですが、ガンになってあわててそんなことやってもタカは知れていて、自己満足の域を出ません。
サプリに過度に期待してよりかかりすぎますと、命にかかわります。


ガンと対話してみてはいかが?
乳ガンがなおった方が、実に興味深いお話をしてくれました。
週一レベルで施術を受けるいっぽうで、当院でおすすめした食療法とデトックス法とを実践したほか、この方がご自身でやったことというのが、ご自分のガンとの「対話」だったそうです。
それもガンをやっつけようという敵対的な対話ではなく、
「あなたはガン細胞じゃないのよ、ふつうの正常細胞なのよ。はやく元気になってもとにもどろうね・・」
というようなやさしい語りかけだったそうです。
ガンはご自分でおつくりになった、ご自分の身体の一部ですから、一方的に悪いものとして切り捨てようとしたり、殺そうとするより、こうした母が子にするような懐柔、あるいは「おもてなし」こそ、いきりたって増殖しようとしているガンをなだめるのにやくだつのかもしれません。
案外今回の治癒の重要なファクターになったのかもしれません。


どちらにせよ、食療治は欠かせません
当然のことですが、上記のどの方法でガンを治そうとするにせよ、基本的に食療治をきちんとまじめにおこない、身体の中の異物を洗い流すという、地道な作業は欠かせません。
ガンになる前とおなじものを口にしながら、いくらガンを消しても、それはいっときのことになってしまいます。身体の中が異物だらけになっていて掃除もしないわけですから、その異物への拒絶反応としてできると思われるガンがそこらじゅうに再発生したところで、それは当たり前です。

これは乳ガンのみならず、すべてのガンにいえることですが・・


トリプルネガティブ
の方で、乳房の表面に穴(生検の失敗によるもの)のあいたかたのお話では、ガン塊とは肉のかたまりにあちこちツノが生えた形をしているらしいですが、施術をかさねていくとそのツノがひしゃげ溶けていくのだそうです。
直接穴から見て自己観察できたかたのことばなので、まちがいないと思います。
ツノだけでなく、ガン塊も溶けるという現象がおきると、黄色いガン汁がいっぱいでて、ガーゼだけではまにあわず、ティッシュのぶあつい束をつかうらしいです。

なかにはそう悪性度の高くないものもあり、そういう場合は対処しやすく、縮小もしていきます。
しかし、そういうケースはそんなに多くなくて、トリプルネガティブの方の施術は概してきびしいです。検査の結果そのように出たら、それだけで重症とお考えください。
皮膚転移は当然のようにおきていると考えねばならず、それを施術するとそこら一帯が紫色に変色したりもします。そこをさらに施術することでなおっていくわけですが、長く放置していた方は痛いです。涙が出るほど痛いです。
なので、これはサイトのあちこちに書いてることですが、できるだけおはやめに受診しはじめてください。
そして受けはじめたらできるだけたくさん受けてください。
でないと、これはなかなかなおらないです。




関連記事

IGF−1について 

ガンの治しかた

子宮ガン、子宮頸ガン、卵巣ガンを治す

肝臓ガン、すい臓ガンを治す

不妊症治療(黄体機能不全を治す)

HOME