気功はやらないでください

通常、気功はガンを刺戟し怒らせ、増悪をまねきます。
人からその種の武気を受けるだけでもよくないです(→ わたしの術法について)が、ご自分でおこなうのはもっとよくないです。

とくに肺ガンの方はやらないでください。
意図して肺をふくらませるだけでも肺胞の循環がよくなりすぎてガンを元気にしてしまうのではないかと思われるのに、はげしい武息などおこないますと、短期間に急激かつ無残な増悪という結果にいたります。
ふだん無意識におこなっている、おだやかで自然な呼吸あるのみです。

肺ガンの方の実例ですが、施術を受けるようになってからずいぶんと調子よくなっていたのに、あるとき突然変調をきたし、息苦しくなり、のどさえつまりそうになってしまったことがありました。
きいてみると、気功を習いはじめ、外気功というのをやってもらったとのこと。そしてご自分でも呼吸法というのをやってみたのでしょう。
おそらくは肺ガンだから肺を元気にしようと考えてのことだったと思われますが、たいへんな失策です。

気功はガンがなくなった後、健康増進のためにおこなってください。
生兵法はケガのもととはいいますが、ガンを相手にしているときにシロウト考えでよけいなことをやりはじめますと、ケガではすまず、命とりになってしまいます。

この方の場合、2週間ほど習って実践しただけであり、たまたまその増悪したときに、うまいぐあいにキャンセルがあって2時間連続で施術を受けることができたため、なんとか沈静化させることができてことなきを得ましたが、ガンをお持ちの方はどういう治療を受けるにせよ、当ホームページの「注意事項」のすべてをよく読んで、禁忌としていることを絶対にやらないでくださいね。

なんにも知らずに危険なことに手をだして、遠いところへ旅立たれることのありませんように・・



≪ 注意事項 ≫

施術を受けられないケース

温熱療法について

ショウガ湯は飲まないで
香辛料


放射線について

陽子線・重粒子線

他治療の併用について

抗ガン剤の併用について
併用していただく場合
おすすめは分子標的薬の併用

鍼との併行治療について

当院の苦手なガンの種類

当院治療の難点

ご注意・骨転移の方

ガン治しの基本

腫瘍マーカーについて

ガン施療 Q&A

HOME