鍼との併行治療について


当院では、ハリ(鍼)治療は併用しないでくださいと申しております。
なぜかというと、鍼は神経を麻痺させ、痛みを感じなくさせるもののようだからです。

以前、鍼で胃ガンがほとんど治ったというふれこみの方を診たことがありますが、すでに副腎に転移しており、ひどい状態でした。
もうほとんど治ったのだという胃に手をあてると、最初たしかに手ごたえを感じることはなく、ほんとうに治ったんだろうと思えました。
しかし、それは長くは続きませんでした。
しばらくすると、真っ赤な顔をして、
「痛い痛い!」
と、施術台の上で、のた打ち回りはじめたのです。
びっくりして手を離し、気をとりなおして、おなじ胃の少し離れた別のところに手をあてると、またまた真っ赤になって、
「痛い痛い!」
・・・

それのくり返しを4、5回もやったかと思います。
どうやら、鍼による麻痺が、私が手をあてることによって、そのときだけ解除されるようで、手をあてたところだけがものすごく痛いようでした。
そうした状態では、胃に施術することはできず、わずかに、転移しているという副腎にのみ軽く手あてしただけで、終わってしまいました。

ほとんど、施術にもなりませんでしたが、患者さんは聞きました。
「どのくらい通えば治りますか?」

・・・

ろくに施術させてもらえない状態では、いくら通ったとて治るはずはありません。
その旨お伝えし、胃はほとんどすべてやられており、たいへんヤバイ状態であると申しましたが、信じてはもらえませんでした。
彼の見解では、胃はほとんど治っており、わずかに副腎に転移しただけ、とのことでした。

それでは、もう治ったはずの胃が、私が手をあてるとそこらじゅう痛いのはなぜなのかと尋ねましたが、こたえはありませんでした。
そして、この方はそれきりいらっしゃいませんでした。

ことほど左様に、鍼は痛みを麻痺させるようです。それはたいへんやりにくい状況を生み出します。
つまり、麻痺してしまったのでは、身体はたとえ困った状態であっても、SOSを発することができず、私の手には何も伝わりません。これでは治せないのです。
したがって、現在は鍼との併行治療は100パーセントお断りしております。




≪ その他の注意事項 ≫


施術を受けられないケース

温熱療法は危険

ショウガ湯は飲まないで
香辛料は×


放射線について

陽子線・重粒子線

他治療の併用について

抗ガン剤の併用について
併用していただく場合
おすすめは分子標的薬の併用

気功はやらないで

当院の苦手なガンの種類

当院治療の難点

ご注意・骨転移の方

ガン治しの基本

ガンの治癒反応について

腫瘍マーカーについて

ガン施療 Q&A

HOME