肉食とガンの関係


最近、食生活が欧米化(肉の多食)していることが消化器系ガンの増加の原因ではないかと、よく言われています。
そして、その際、肉の中のナントカいう成分が悪いのだという学者もいるようです。
まあ、確かにその成分が最終的な引き金にはなったのかもしれませんが、私はこの問題をもっと大きく、おおざっぱに捉えております。それはつまり、消化器官へのストレスの有無という捉え方です。

結論から言うなら、各個体は、その属する動物種本来の食のあり方と違うものを多食することで、ストレスが発生するのではないかということです。
人間は、本来ライオンなどとは違って、肉専食の動物ではありません。それにもかかわらず、肉を多食することで消化器官に多大なストレスを発生させているのではないでしょうか。
ことに、腸の長い日本人は人種的にも草食系ととらえるべきで、肉の多食は狩猟民族に属する欧米人たちよりもっと大きなストレスになっていることでしょう。

食べるなということではありません。食べたいときにはあるていど食べたほうがいいと思います。食べたいものを無理して食べないというのも心的ストレスになり、そのほうがむしろ心配です。
また、肉をこれだけ食べたら野菜もこれだけ食べねばと、自分を規制するのも、やはりストレスになります。
できるだけ自然の欲求に従ったほうがストレスはたまりません。

ではいったいどうすればいいのか・・。
それについて、ただひとつだけ申し上げておきましょう。
それは思いこみを避けることです。つまり、「自分は肉大好き人間で、他のものは食べられない人間なんだ」という思いこみをです。
こういう思いこみによって、惰性で同じものばかり食べ続けることが、消化器への大きなストレスになってくるはずです。

自分自身の嗜好の変化に敏感になっておくことです。ものを口にするたびに、自分の腹の声を聞いてみることです。
ある日急に食べたくなったものがあったとしたら、迷わず食べたほうがいい。そしてうまいと感じたら飽きがくるまで常食したほうがいい。

たとえば、私の友人ですが、こういう実例があります。
以前、いっしょにレストランへ行くと、いつもステーキとか鳥の唐揚げとか、肉ばかり食べていた男でした。 いっぽう私はそういうとき、いつも ハムと野菜のマリネ ばかりでした。といっても、別にそれがそう好きだったわけでもなくて、たまたまそのレストランのメニュには、他に食べたいものが見当たらなかったのです。
そんな私を見て、友人は、
「そんな菜っ葉だらけのもの食って、よく身体がもつな。」
などとバカにするようなことを言っていたものです。

ところが、ある日突然
「たまにはそれ食ってみるか。」
と言って、私といっしょに注文したことがありました。
「ホー、雪でも降らなきゃいいがなあ・・、オレ傘持ってないんだけど・・」
と、こんどは私のほうがバカにして、窓から空をながめたりしましたが、その男、食べはじめると、とたんにうまいうまいを連発し、あっというまにたいらげてしまいました。おまけにおかわりまで注文するという勢い・・

おそらく、彼の体内では、酢の中のクエン酸だか、野菜の中のビタミンだかミネラルだかが涸渇していたのでしょう。
それはまるで、のどのかわいた砂漠の旅人が、オアシスの水に頭から突っこんでガブ飲みする姿に見えました。

・・・・

それからしばらくたって会ってみると、彼はすっかりマリネ・マニアに変身してしまっていました。
なんと、自宅で奥さんにいろいろな種類のマリネをつくってもらって、たらふく食べてるとのこと・・。
それどころか、
「近ごろは野菜だけだって平気だぜ。ドレッシングなんかかけてさ・・、オイオイ、どうした?お前ももっと野菜食べなきゃダメじゃないか。ガンになるぞ!」

・・・ゲンキンな男です。
まあ、あれなら当分消化器にガンなどできそうにありません。むしろ食べすぎての腹痛のほうが心配。元気だとうるさいヤツですけど、まあ、つきあってやるしかないでしょう・・




関連記事

ガンの治しかた

ガン治しの基本

乳ガンを治す

子宮ガン、子宮頸ガン、卵巣ガンを治す

肝臓ガン、すい臓ガンを治す

HOME